アドラー子育て「パセージ」をもとに子育ての悩みを一緒に解決していくさいたま近郊活動グループのブログです。管理人のアメブロ日記「勇気づけDE子育て@さいたまうさ子の日記」にも遊びに来てくださいね。


by うさ子
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

5月フォローアップ(感想)

本日、与野本町コミュニティセンターにてさいたまパセージフォローアップの会が行われました。今回は9名(内パセージ未受講の方3名)の方にご参加いただきました。

それぞれ自己紹介に近況報告(エピソード)を盛り込みながらお話しいただき、四つ出たおはなしの中から今回は、年中さんの息子さんとお母さんの登園前の朝の出来事をみんなで考えていくことにしました。

* * * * * * * * * *
幼い子供を持つ朝のお母さんは大忙しです。朝ご飯を食べてもらい、食器を片付け、幼い子のお世話をしながら、洗濯物を干し、お子さんを幼稚園に送り出す…それだけでも大変です。

その大忙しの朝の、ある日ある場所でのある出来事について、実際にロールプレイをしながらお子さんの気持ちになって感じてもらいながら考えていきました。
お話しくださった方もお子さんの気持ちになってみて、お母さんの声がけは遊びに集中している息子くんにはほとんど届いていないということがわかりました。

出かける前は、お片づけをするという息子くんとのお約束も、メンバーさんの提案でテキスト33-Lルールを決めるに戻ってチェックしてみたところ、手順通りにできていなかったことがわかり、息子くんから見てルール(お約束)と認識していないかもしれないという意見が出ました。

お母さんのお約束を守って欲しい(外出前はお片づけをする)という願い(目標)と、
(推測ですが)楽しく遊びたいという息子くんの願い(目標)があって、
どうやら、目標が一致していないということが判明しました。


では、目標を一致させるためには?ということで、24-L目標の一致の下の図に戻って、考えていきました。


まず、課題の分離・整理をすること。
お片づけは誰の課題か?子どもスペースは子どもの課題で、共有スペースはお母さんの課題ですね、ということを確認しました。

その上で、子どもの話を聴いてみるということ。
テキストを復習し、9-L・11-L→15-Lを読みました。まだお子さんが小さいので、お話を聴くということにも親の工夫が必要になってきますが、お子さんがこの出来事についてどんな風に理解しているのか聞いてみたいね、となりました。

お話を聞いた上で、目標の一致が出来るか、できないか。
もしできた場合は、なにを協力するか(どの部分は手伝って、どの部分はお任せをするか)考えると共同の課題を作ることができます。
一致ができない場合は結末を体験してもらうことになります。


私が今回学んだことは、
いつでもこの出来事から私が子どもに学んでほしいことは何かな?と確認していきたいな、ということです。
その学んで欲しいことは、子育ての行動面の目標である、
1)自立する。
2)社会と調和して暮らせる。

に向かっているかな?

また1-Lにあるように、行動面の目標は子育ての心理面の目標である
1)私は能力がある。
2)人々は私の仲間だ。

があってはじめて行動面の目標を達することができるので、

いまの私のこの対応が心理面の目標を感じてもらっているかな、と自己点検をすることが大事だなと思いました。

目標を見据えた上で、私がいま子どもを勇気づけたいことは何?
(encourage somebody to do (〜〜を◯◯するように勇気づける))
と確認し、最終的に子育ての行動面の目標に向かっていけるように援助していきたいと思いました。

その都度、その都度、共同の課題にすることが勇気づけにつながるのか、結末を体験してもらうのが勇気づけにつながるのか考えて、対応していきたいと思います。


* * * * * * * * * *

次回のフォローアップは、しばらく間が空きますが、9月の予定です。
会場が決まり次第またお知らせさせていただきます。

ありがとうございました!

[PR]
by adlersaitama | 2015-05-24 20:30 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)