アドラー子育て「パセージ」をもとに子育ての悩みを一緒に解決していくさいたま近郊活動グループのブログです。管理人のアメブロ日記「勇気づけDE子育て@さいたまうさ子の日記」にも遊びに来てくださいね。


by うさ子
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

11月(平日版)フォローアップ(ご報告)

先日、パセージ終了後の初めてのフォローアップが開催されました。
参加メンバーは6名でした。

近況報告をしながら、みなさんパセージ後そんなにマイナス感情がでるエピソードがないというお話でしたが、その中でも、ちょっとイラっとしたお話をみんなで一緒に考えていきました。

お話は、マンションに住んでいる事例提供者さんの3歳の娘さんが19時を過ぎてから押入れから飛び降りてジャンプする遊びをするのが最近好きで、階下の生まれたての赤ちゃんのいるお宅に騒音で迷惑をかけているかもしれないことが気になるというお話でした。

お母さんは、娘さんに、夜になったら(19時になったら)押し入れからジャンプをする遊びは階下の人に迷惑をかける可能性があるということを伝えたいと思っていました。
だけど、ロールプレイを通して感じてみると、エピソードの中ではお母さんは教えたいと思いつつも、一緒にお子さんたちとジャンプをするのを楽しんでいて、子育ての心理面の目標である、1)私は能力がある。2)人々は私の仲間だ。は感じるけど、お母さんが伝えたいことが娘さんに全然伝わっていないことがわかりました。


では、どうやって、お母さんの伝えたいことを娘さんに伝えることができるかな?
とテキストに戻ってみんなで代替案を考えてみると…、

★9-L・11-L・15-L.1で、娘さんにこのエピソードに関して娘さんを理解するためにいろいろお話を聞くことができそうだね、という案が一つでました。

★24-Lの目標の一致のページの表にあるように、お母さんの目標と娘さんの目標を確認して共同の課題も作れそうだね、という案が一つでました。

★お母さん、口ではダメと伝えているけど、伝えるときにマイナス感情があって言っているし、結局は一緒に遊んだりして、もしかしたら娘さんに適切な行動が伝わっていないのかも。ということで、2-Lに戻って確認し、「1.その行動が不適切であることを知らないとき」「2.その行動が不適切であることは知っているが、どうすれば適切な行動ができるのか知らないとき」を読んで確認してみると、もしかしたら、2-Lの2番で、いつもマイナス感情があるまま言っているから本当の適切な行動を知らない可能性もありそうということになり、3歳の娘さんに伝わるように、どんな風に適切な行動を伝えてみますか?とみんなで確認して行きました。

★また、ロールプレイをしてみて、子育ての心理面の目標はどっちも感じるんだけど、その中身が、
「能力がある」だと、お母さんは本当は家事やお風呂などやらないことがあるのに娘さんの要望に全面的に従っているので、10-L.4の親がまるで奴隷のように子どもにサービスをして暮らすことも…に近いような、「私は私のやりたいことをお母さんにしてもらう能力がある」と感じている感じがする。
「仲間だ」も、そのための仲間。
・・・という感じがして、パセージが目指す目標と少しずれているかも。という感想がありました。
そこで、行動面の目標に向かっていそうですか?と確認してみると、どうやら向かっていなそうという意見になり、心理面の目標が達成していても、行動面の目標が達成されていないこともあるんだ!とメンバーさんの多くが驚かれて新しい発見をされていました。

★エピソードではお母さんが娘さんの行動が不適切だと思っているのに、初めは(-1)だったけど途中からプラスになっていて、これは2-L.2の「不適切な行動に注目を与えない」のところの注目を与えていることになるのではないか、という質問が出て、どうやら不適切な行動に正の注目を与えていることになってそうだとなり、だとすると、3.の「適切な行動をしたとき、正の注目を与える」もセットなので、押入れからジャンプをする遊び以外の夜の過ごし方を娘さんと一緒に考えてみたり、普段の当たり前と思う適切な行動の正の注目を与えてみましょう。という案も一つでました。

トライアンドエラーなので、実験してみてまた作戦会議しましょう。ということでいくつか案を持って帰っていただけました。
ちょっとしたマイナス感情しか感じていないエピソードでも、たくさんの学びがあります。なので、遠慮しないでどんどん次回もエピソード出してくださいね☆

今日も学びを一緒にしたみなさんありがとうございました。
欠席だったみなさんも次回はご一緒しましょう♪
[PR]
by adlersaitama | 2015-11-27 09:23 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)