アドラー子育て「パセージ」をもとに子育ての悩みを一緒に解決していくさいたま近郊活動グループのブログです。管理人のアメブロ日記「勇気づけDE子育て@さいたまうさ子の日記」にも遊びに来てくださいね。


by うさ子
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

5月(休日版)フォローアップ(ご報告)

昨日の休日フォローアップの参加者は4名でした。
先日の休日版パセージを終了された方と、隣のグループの方、二年ぶりにお会いしたお久しぶりのメンバーさんたちと進めていきました。

自己紹介と近況報告をした後、メンバーさんの最近お子さんのことで困っているエピソードを考えていきました。パセージを受けてから子どもさんとの関係は確実に良くなっていても、毎日の生活の中でちょっとした気になることは多くの方にも共通することだと思います。そんなちょっと気になるその日の朝に起きたほやほやエピソードをみんなで味わっていきました。

私が、メンバーさんのエピソードから今回学んだことは、子どもに対する期待や不安、学んでほしいこと・・・といった親の課題はいくつもあるけど、一つの出来事から一気にたくさんのことを学んでもらうことは難しいので、子どもに伝えたいことは何かと考えることの大切さを学びました。

・親(自分)が子どもにこの場面で「本当に」学んでほしいことは何かな?と考えること。
・それが、子育ての行動面の目標、1)自立する。2)社会と調和して暮らせる。方向に向かうためのお手伝いになっているか点検すること。
・なっているとしたら、それを子どもに学んでもらうためには、1)私は能力がある。2)人々は私の仲間だ。と感じてもらいながらどういう工夫ができるか?とテキストに戻って考えること。

マイナス感情が少しでもあるときは、「子どものため」と思って、<自己欺瞞>(14-R)に陥りがちなのですが、1-Lを点検しながら、本当に伝えたいことは何かな?と考えることは私自身の日々の子育ての中でマイナス感情に触れたときすごく手助けになっています。

今回の事例提供者さんも、家族みんなで集まって朝ごはんを食べたい、と言う素敵なよい意図をお持ちでした058.gifみんなでワイワイ、テキストであっちへ行ったりこっちへ行ったりする時間もとっても楽しかったです。

ご参加いただいたみなさまありがとうございました056.gif


次回の休日版フォローアップはまだ確定していませんが、

日程:2016年6月11日(土)か2016年6月12日(日)
時間:9:15〜12:00


を予定しています。確定次第こちらでもお知らせさせていただきますね。
お気軽に、連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)までお問い合わせください055.gif

[PR]
by adlersaitama | 2016-05-23 12:49 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)