アドラー子育て「パセージ」をもとに子育ての悩みを一緒に解決していくさいたま近郊活動グループのブログです。管理人のアメブロ日記「勇気づけDE子育て@さいたまうさ子の日記」にも遊びに来てくださいね。


by うさ子
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

7月(平日版)フォローアップ(ご報告)

7月の平日版フォローでは、大人3名子ども2名で開催されました。

はじめにみんなで毎回近況報告をするのですが、先日の火曜パセージを再受講された方から、

家族会議で色々決めています!
そして、家族会議で子どもが決めたことを、大丈夫かな?と思いながらも信頼して見守っておまかせしつつ、再度話し合って軌道修正しながらお話ししたいます!

というご報告を受けました。

パセージを受けた雰囲気をそのまま継続されている様子が伺えてとても嬉しくなりました。

パセージ(アドラー心理学)が目指す育児は、民主的な育児、話し合う育児です。
フォローでは、お母さんも失敗しながら、たくさんの引き出しを増やしたり、一緒にトライする仲間たちがいるのでこうやってみなさんと毎回お会いできでお話を聞くのが楽しみの1つですね☆


さてさて今回の平日版フォローでは、年中の息子くんとの前日に起きた幼稚園の面談にまつわるエピソードについて考えていきました。

その日は面談があって早おかえりのため、面談の時間まで幼稚園のお友だちと児童館で遊んでいたのですが、気づくともう児童館をでないといけない時間で息子くんに約束の時間だから出るよと言ったけど遊びに夢中ですぐに出られなくてそれを息子くんのせいにしてしまったというエピソードでした。

こちらのエピソードを、ブレークスルークエスチョンズの手順で1つ1つ考えていきました。

まず適切な側面を探して、普段の息子くんの適切なところをうかがってみたら、この場面のエピソードの中でも息子くんの素敵なところが見え隠れしていて、代替案を探すときの手がかりとなりました。

学んでほしいことを学んでもらうためにできる工夫としてこの場面では、

①「お母さんも焦っているよ」と伝えることでクールダウンができそうだということ、
②時間ギリギリに声をかけるのではなくお子さんにも遊びが終わりにできるように時間に余裕をもたせるためにちょっと前に声をかけること、
③協力してくれたことに感謝をして言葉にして伝えること

というのが出ました。
また、この場面ではなく違う場面でもできそうなこととして、

④面談をするという親の課題に対して子どもに共同の課題として提案すること

が出ました。
エピソードをお話ししてくださった方は、焦る事が多くてその時にマイナス感情がでるので、まず①を実践してみます!とおっしゃっていました。また、④も意識してやってみたいとおっしゃっていました。

今回もたくさんの引き出しが増えました。その後のお話もまた次回聞くのが楽しみです。
1人の方のエピソードをみんなでじっくり考えていくことで、パセージの戻り方・実践の仕方が再確認でき、私自身の課題と共通する部分で応用ができるようになってきます。

今回も、お二方、貴重はお話ありがとうございました。

次回の休日版フォローは、

《8月休日版フォローアップ》
8月5日(土)9:15〜11:45
@浦和

*平日版は夏休みでお休みです。

持ち物:テキスト、最近きになる・モヤモヤ・イライラ・困ったなど
ちょっとでもマイナスに触れたエピソードなど

お問い合わせ連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
[PR]
by adlersaitama | 2017-07-12 17:49 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)