アドラー子育て「パセージ」をもとに子育ての悩みを一緒に解決していくさいたま近郊活動グループのブログです。管理人のアメブロ日記「勇気づけDE子育て@さいたまうさ子の日記」にも遊びに来てくださいね。


by うさ子
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:パセージフォローアップ(感想)( 24 )

8月休日版フォローは、4名の皆さんで学んでいきました。

今日は、先月の下旬に大井町でひらかれた関東地方会の午後のワーク「ロールプレイを使ったブレイクスルークエスチョンズ(以下BTQ)」のワークシートをもとに進行役をメンバーのお人の方にお願いして進めていきました。(Eさん、ありがとうございました!)

もうすぐ2歳になる息子くんが最近わざと(?)ボールなど物を投げてはいけないところへ投げるのが気になっている…ということで、【ある日・ある時・ある場所で】のエピソードをきいて考えていきました。

BTQ2番で、「この場面でお子さんに学んでほしいことは何か」考えるのですが、学んでほしいことを決めて現在どれくらいできているか事例提供者さんにきいた時に、今のお子さんができるところ(当たり前のところ)に気づかれていたのがとっても素敵だと思いました!

また、BTQ3番でどんな工夫ができそうか、パセージフォローなのでテキストに戻りながら考えていきました。
すると、12-L[失敗した場合にも勇気づけよう]の、[子どものよい意図や努力を見つけ出そう]が代替案で出て息子くんがこの時したいことを閉じた質問(11-L)できいた上で、お母さんも息子くんもHAPPYなやり方のバリエーションを見つけることができました!

代わりのアイデアが出た時、場にいたみんなの雰囲気がふわりと温かい空気に変わったのが嬉しかったです。

子どもが何かを学ぶときに、嫌な気持ちにさせる必要はなく、楽しく学んでいけるお話にかわりました。今日もとても有意義な時間を過ごせました☆
ありがとうございました!


【9月以降のお知らせです】

パセージ受講済みの方でもたくさんのまなびがあります。ぜひご参加ください!またお知り合いの方もぜひお誘い合せください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
◆プチパセージ
9月2日(土) 9:30〜12:00
美園コミュニティセンター
( http://www.city.saitama.jp/001/013/005/p043769.html )
参加費:500円
リーダー:清野雅子(日本アドラー心理学開催認定カウンセラー 家族コンサルタント)
(*詳細別途お知らせします)

◆9月平日版フォロー
9月21日(木)10:00〜12:30
@浦和
持ち物:テキスト、最近きになる・モヤモヤ・イライラ・困ったなど
ちょっとでもマイナスに触れたエピソードなど


◆9月休日版フォロー
9月24日(日)9:15〜11:45
@浦和
持ち物:テキスト、最近きになる・モヤモヤ・イライラ・困ったなど
ちょっとでもマイナスに触れたエピソードなど

◆秋冬土曜集中パセージ
11/4・18・12/2・16

9:30〜12:00 13:00〜15:30
美園コミュニティセンター(予定)
リーダー:清野雅子(日本アドラー心理学会認定カウンセラー 家族コンサルタント)
初受講21000円 (1章2,625円)
再受講17,000円
単発再受講2,800円/章
別途お持ちでない方はテキスト代2000円

[PR]
by adlersaitama | 2017-08-05 16:22 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)
7月の平日版フォローでは、大人3名子ども2名で開催されました。

はじめにみんなで毎回近況報告をするのですが、先日の火曜パセージを再受講された方から、

家族会議で色々決めています!
そして、家族会議で子どもが決めたことを、大丈夫かな?と思いながらも信頼して見守っておまかせしつつ、再度話し合って軌道修正しながらお話ししたいます!

というご報告を受けました。

パセージを受けた雰囲気をそのまま継続されている様子が伺えてとても嬉しくなりました。

パセージ(アドラー心理学)が目指す育児は、民主的な育児、話し合う育児です。
フォローでは、お母さんも失敗しながら、たくさんの引き出しを増やしたり、一緒にトライする仲間たちがいるのでこうやってみなさんと毎回お会いできでお話を聞くのが楽しみの1つですね☆


さてさて今回の平日版フォローでは、年中の息子くんとの前日に起きた幼稚園の面談にまつわるエピソードについて考えていきました。

その日は面談があって早おかえりのため、面談の時間まで幼稚園のお友だちと児童館で遊んでいたのですが、気づくともう児童館をでないといけない時間で息子くんに約束の時間だから出るよと言ったけど遊びに夢中ですぐに出られなくてそれを息子くんのせいにしてしまったというエピソードでした。

こちらのエピソードを、ブレークスルークエスチョンズの手順で1つ1つ考えていきました。

まず適切な側面を探して、普段の息子くんの適切なところをうかがってみたら、この場面のエピソードの中でも息子くんの素敵なところが見え隠れしていて、代替案を探すときの手がかりとなりました。

学んでほしいことを学んでもらうためにできる工夫としてこの場面では、

①「お母さんも焦っているよ」と伝えることでクールダウンができそうだということ、
②時間ギリギリに声をかけるのではなくお子さんにも遊びが終わりにできるように時間に余裕をもたせるためにちょっと前に声をかけること、
③協力してくれたことに感謝をして言葉にして伝えること

というのが出ました。
また、この場面ではなく違う場面でもできそうなこととして、

④面談をするという親の課題に対して子どもに共同の課題として提案すること

が出ました。
エピソードをお話ししてくださった方は、焦る事が多くてその時にマイナス感情がでるので、まず①を実践してみます!とおっしゃっていました。また、④も意識してやってみたいとおっしゃっていました。

今回もたくさんの引き出しが増えました。その後のお話もまた次回聞くのが楽しみです。
1人の方のエピソードをみんなでじっくり考えていくことで、パセージの戻り方・実践の仕方が再確認でき、私自身の課題と共通する部分で応用ができるようになってきます。

今回も、お二方、貴重はお話ありがとうございました。

次回の休日版フォローは、

《8月休日版フォローアップ》
8月5日(土)9:15〜11:45
@浦和

*平日版は夏休みでお休みです。

持ち物:テキスト、最近きになる・モヤモヤ・イライラ・困ったなど
ちょっとでもマイナスに触れたエピソードなど

お問い合わせ連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
[PR]
by adlersaitama | 2017-07-12 17:49 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)
土曜は、休日版フォローで3人、昨秋パセージを受けてフォローが初めての方と、パセージ未受講の初めましての方がご参加くださり、エピソードを出していただいてみんなで考えていきました。

休日版フォローでは、お初の方もいたので、まず紙芝居でお伝えする教育講演『勇気づけ』をお話しした後、アドラー心理学育児の3ステップということで、ブレイクスルークエスチョンずっとという技を使ってエピソードを掘り下げていきました。


仕事の後帰宅すると先に宿題をやってくれている息子くんの丸つけが親の課題としてあり、チェックしていくのですが、間違えたところで直してくださいというと、お互いマイナス感情がともなうやりとりがパターン化している。この状況をかえたいというエピソードでした。

お子さんの行動の中の適切な側面を探し、学んでほしいことを決め、それを学んでもらうためにどんな工夫ができるか?

と考えていきましたが、最後の代替案のところで、お話ししてくださった方がご自身でどんなことができそうか考えていらっしゃった姿が印象的でした。できていないところではなくて、すでにできているところに注目すること。ここがミソだなあと感じました。

帰宅後みんなであれこれ考えた代替案をお家で実践してくださったそうです。

-・-・-・-・-・-・-・-・-
早速、お兄ちゃんが午前中サッカーで私見に行けなかったので、実践しました!子供って素直ですね。
ぺらぺらと話だし、いつもと違った視点の話し方をしてくれました。
私も聞き出そうと、開けた質問をしていたのですが、うれしかったです!
日々、この気持ちでいたいですね!
-・-・-・-・-・-・-・-・-

これからも一緒にフォローで気持ちの点検をしていきましょうね!
ありがとうございました。

《8月休日版フォローアップ》
8月5日(土)9:15〜11:45
@浦和


*平日版は夏休みでお休みです。


持ち物:テキスト、最近きになる・モヤモヤ・イライラ・困ったなど
ちょっとでもマイナスに触れたエピソードなど

お問い合わせ連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
[PR]
by adlersaitama | 2017-07-08 19:48 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)
6月の休日版フォローは参加者が少なかったため、7/23日@品川で予定されている、日本アドラー心理学会の第2回関東地方会で掲示する予定のポスターセッションのポスターを作成しました!
それぞれの得意な分野を生かし(笑)2時間弱?で完成しました。

ご協力いただいたみなさんありがとうございます(*^^*)

ポスターの一番下に、「私にとってさいたまアドラーの会とは?」というメンバーさんから見た会の紹介も載せています。

今年の関東地方会のテーマは、「自助グループフェスティバル」
学会員じゃない方もこの機会にぜひ一緒にいかがですか?

ランチタイムのポスターセッションでぜひ、完成したポスターを楽しみましょう♪


《7月休日版フォローアップ》
7月8日(土)9:15〜11:45
@浦和周辺の会場
(詳細はお問い合わせの方にお知らせしています)

《7月平日版フォローアップ》
7月12日(水)10:00〜12:30
@浦和周辺の会場
(詳細はお問い合わせの方にお知らせしています)

持ち物:テキスト、最近きになる・モヤモヤ・イライラ・困ったなどちょっとでもマイナスに触れたエピソードなど




お問い合わせ連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
[PR]
by adlersaitama | 2017-06-17 18:09 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)
5月休日版フォローアップが開催されました。
参加者は大人4名、子ども2名とこじんまりとしていましたが、参加者の皆さんで、あーでもないこーでもないと、パセージの教えを手掛かりに一緒に学ぶことができました。
改めてありがとうございました!
(1歳と0歳のおちびちゃんたちも協力してくれました☆)

この日は、自己紹介の後、教育講演の『勇気づけ』を30分程度きいていただいた後に感想を話し、一つのエピソードを考えていきました。

自己紹介の時に、前回のフォローアップでエピソードをお話しくださった方からの後日談がありました!
色々実験してみて、最近はこの辺が怪しい(笑)というあたりをつけて接してみたらドンピシャ!うまく対応できているというご報告がありました。

こちらのエピソードのお子さんは1歳半ほどのお子さんなので言葉でやり取りするのにはまだ限定されてしまいますが、お子さんをよく観察する=パセージテキスト・子どもの話を聴くを実践されていて、楽しんでおられる様子が印象的でした!

この場で出た代替案から試してみて微調整してさらにやってみて・・・と、そのお家オリジナルのやり方を探し出していく過程がまた素敵だなあと心がホカホカ。
フォローで出た代替案その後のお話もグループで学び続けているからこそできることだと思います。


さてさて、この日のエピソード。
2歳の娘ちゃんのイヤイヤで困っている、特に最近は、保育園帰りにすぐに帰りたがらず、2時間から3時間近く外で遊んだ後にお菓子をあげることで帰宅してしまい賞になったのではないかとモヤモヤした。というお話でした。

この日は教育講演もやったのでそちらの教えに戻りながら、
●感情のチェック
●子どもの話の聴き方チェック
●お互いの目標のチェック
をしていきました。

感情を確認した後は、まずお子さんとお母さんのこの時の適切な面・適切な側面と、普段のお子さんの適切な面も探しました。次に学んで欲しいことでお母さんの目標を探してさらに「●」を深めたり。

なかなか学んで欲しいことを決めるのに手こずりましたが、みんなでこれかな?うーん…これ?いやいやこれでしょ。と考えて、最終的なこれ!を見つけてお母さんの目標を確認した後、娘ちゃんの目標を推測しながら、妥協点はどんなところかな?と、テキスト19-L、18-L、9-L・11-Lを読みながら、代替案を考えていきました。

そうしていくうちに、ロールプレイで感じた娘ちゃん役の人からの感想で、〔娘ちゃんはこの時間をお母さんが遊んでくれる唯一の時間と思っているかもしれない、だからなかなか帰りたがらないのかもしれない。〕という娘ちゃんの目標(推測)が見えてきたので、

さあどうしようか?
という中の一つの案で、

・「とっておきの時間」を作ることがあがりました。
他にも、
・選択肢を与えて帰るタイミングをお子さんに選んでもらう
・17時の音楽チャイムという子どもにもわかりやすい合図を前もってお話しして決めておいてその時が来たら、「やさしくきっぱり」帰る…

などたくさんの案が出ました。


お話ししてくださったメンバーさんは早速家でやってみます。
とおっしゃっていただいて、実験してくださるそうです!
次回も楽しみですね。

今回のキーは「やさしくきっぱり」
感情をまず落ち着けてから対応することがミソとなりそうです。
お時間ある方はテキスト、35-Lも読んでみてください!

今回も楽しい学びをありがとうございました(^O^)

お問い合わせ連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで

[PR]
by adlersaitama | 2017-05-27 20:03 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)
4月平日フォローのご報告です。
この日は、大人4名・子ども2名の参加でした。

昨年秋にパセージが終わってからフォローに参加されるのが初めての方が多かったので、最近の気になるエピソードを交えながらの近況報告をし、アドラー育児の歌の紹介の後、具体的な内容に入っていきました。


一つ目のエピソードは、2歳前の娘さんのテーブルに乗って困るというエピソードでした。


晩御飯を作るときに、はじめはテレビを観て待っていてくれるのだけど、そのうち気がつくとテーブルに乗って遊んでいる。近くに行って注意するもこちらの対応には反応しないので、諦めてごはん作りに戻るといつの間にかテーブルから降りて遊んでたいた。というエピソードでした。

ロールプレイをして現場を追体験した後、歌に沿って考えていきました。

プラスの面をみんなで出し合い、お母さんに娘さんの適切な面をきいてみると、いままで臆病だなあ度胸がないなあと思っていたお子さんの行動が、自分のやれる範囲で度胸がある・チャレンジするチカラがあるというメガネに切り替わり、エピソードを出してくださったメンバーさんの体の感じがふわりと軽く切り替わったのを感じました!

次に、この場面でお子さんに学んでほしいことは?と伺い、そのためにはどんなことができそうですか?とテキストに戻りながら考えていきました。

2-Lで、この時の娘さんの行動のパターンはどれかな?と振り返り、4の注目関心かもということだったので、注目関心の時はどんな対応ができるかな?で、4-L.2.3でまずこの場ではマイナスの感情をクールダウンするという案が一つでました!
またこの時はお母さんがご飯を作っている間、テレビを観たりおもちゃで遊んだりして待っててくれているので感謝を伝える、お手伝いしてもらえそうなことがあったら一緒にご飯の準備をする・・・などのアイデアが出ました。

早速現場でやってみます!
とのことだったので、その後のご報告がまた楽しみです☆
大切なエピソード、ありがとうございました。

少し時間が余ったので、休憩をした後、この日ももう一つのエピソードの適切な側面探しをしました。

小4の息子くんのお友だちと通っている習いごとに関するエピソードでした。
ロールプレイをしてお子さんの気持ちを味わってみると、友だちといる時の息子くんの立ち位置が見えてきました。さらに、適切な側面探しをすることで、息子くんの立場を理解することができ、お母さんの身に纏う雰囲気が明るく変わったのがとても印象的でした。
その後、たくさんある息子くんのチカラを意識しながら接してみてどんなかんじだったかまたお話が聞けると嬉しいです。

今回もご一緒したみなさま、ありがとうございました!


お問い合わせ連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
[PR]
by adlersaitama | 2017-04-26 20:01 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)
4月のパセージの休日版フォローアップは、お子さんの体調不良や新学期で欠席の方もありつつ、3名の方にご参加いただきました。

はじめに一人一人近況報告や、先月の中島先生のオープンカウンセリングに参加された方のご自身の学びなどをシェアしていただきました。

その後に、お二人の方にそれぞれ最近ちょっと気になるな〜、これでいいのかな〜?というエピソードを出していただいて、そのエピソードについてみんなで考えていきました!

一つ目のエピソードは、一歳半の息子くんの夜の歯磨きタイムでの気になるエピソードでした。

歯磨きを泣き叫んで嫌がる息子くんが歯磨きをしている動画を見ながら歯磨きをするとニコニコなんだけど、終わると泣いてもう一回を要求するし、動画をみせていていいのか?というお母さんのお話しでした。

具体的な、ある日ある時のある場面のお話しを聞いて、ロールプレイをして現場を追体験した後、

子育ての目標の1-Lの心理面の目標がマイナスには感じないけど、パセージが掲げているのとは違う方向で能力があると感じた。という感想もあったので、より、子育ての目標に近づくためにどうしたらよいか?を、先月みんなで一緒にやった『♪アドラー育児の歌♪』を使いながら考えていきました。

みんなで考えていく中で、お母さんがお子さんに学んで欲しいことでお手伝いできること(テキスト15-L.2冷静に話し合おう)はもうしているし、今は学んでいる最中だから、他の引き出しとして一歳半の息子くんにもわかるように時間や場所の使い方を工夫することができそう!とみんなでいろんなエピソード提供者さんの引き出しを増やすことができました。

アドラー育児の歌4番、常識(=共通感覚)とおおやけ心(=共同体感覚)について両方を考えていくことが大事なんですね、とお話しくださったメンバーさんの発言から共通感覚とは?共同体感覚とは?とお話を深めていくことができました。

この時点で時間が残り30分でしたので、エピソードを伺って、アドラー育児の歌の1番の「どんな時でもプラスを見」の適切な側面探しをしました。
たくさん出てきて、エピソードをお話しくださった方もお子さんの普段の素敵なところなどお話くださり、お子さんを見るメガネが少し変わったように感じました。何か嫌だな〜困ったな〜〜という時こそ!お子さんの適切な面を思い出してみましょう。そしてその時の自分の体はどんな感じかな?と感じてくださると嬉しいです。

ご一緒したみなさま、ありがとうございました!
その後の実践のお話も待っていますね(*^^*)

お問い合わせ連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
[PR]
by adlersaitama | 2017-04-23 19:59 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)
先日、パセージのフォローアップ休日版が開かれました。
今回のフォローは特別版でした。
内容は、昨年の日本アドラー心理学会新潟総会で発表されたエンカレッジ金沢チームのアドラー育児の歌を使ったフォローのシェアでした。
シェアをしてくださったのは、普段東京アドラー銀杏の会でリーダーとして活動されているOさん。さいたまにシェアのために遊びにいらしてくださいました!

みんなで歌として体になじませておくと普段子育ての現場で起きた、困った!に歌ったフレーズを思い出すことができるので、自分で解決の糸口を見つけ出す一つの手がかりとなります。そんなこんなで、参加者は9名+子ども4名でした。ワイワイ楽しい時間を過ごせました。

エピソードは詳しく書きませんが、8歳と5歳の夕飯をお母さんと囲んだお話きいてきいて!のエピソードでした。

二人以上のお子さんをお持ちのメンバーさんはエピソードを聞きながらうちでもあるあると頷きながら、お子さんがお一人のメンバーさんはこれから二人目・三人目を考えているのでとても参考になった。とおっしゃっている方もいました。

今回は、♪どんぐりころころの歌に合わせてアドラー育児の歌を1番ずつ歌いながら進みました。

「どんな時でもプラスを見」から、エピソードの場面にいる全員のプラス面をまずみんなで考えていきました。
プラスを考える前は、お母さんにとって不適切だったお子さんの行動でしたが、お母さんの願いや期待や想いの中にある、その場にいるみんなにとっての協力的な目標にフォーカスをあてて学んで欲しいことが出ていたのが印象的でした。そのために自分にできることは何か?ということを歌を使って丁寧に考えていくことができたと思います。

今回わたしが学んだことは、誰かが優位になったり、我慢したり遠慮したりして成り立つ場ではなく、みんなが楽しい夕食の時間を過ごすために、順番を守るなどのちょっとしたルールのようなものを意識したり、みんなが少しずつ我慢したりすることが大切で、親の自分は子どもに学んで欲しいことを学んでもらうためにお手伝いするんだということです。それがパセージが目指す、1-Lの、自立する。社会と調和して暮らせる。につながっていくのだなあと感じました。

エピソードを出してくださったり一緒に考えてくださったメンバーさん、お母さんと一緒に遊びにきてくれた子どもたち。ご協力ありがとうございました!

次回の休日版フォローアップは、
4月22日(土)か23日(日)、9:15〜11:45 浦和(*詳細はお問い合わせください)です。
アドラーを子育てでどんな風に考えるの?興味がある、など少しでも気になった方はぜひ一度見学にいらしてください。

お問い合わせは
連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
お気軽にどうぞ。


[PR]
by adlersaitama | 2017-03-15 07:57 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)
先日、パセージの2月フォローアップ休日版が開かれました。
参加者は7名でした。昨年の秋から冬にかけてのパセージ終了後初のフォローアップという方もいて、私も心新たに学びをすることができました。

エピソードは詳しく書きませんが、今回みんなで一緒に考えていったのは、2歳の娘さんの最近きになるちょっと困った出来事のエピソードでした。
ブレークスルークエスチョンズに沿いながらみんなで一つのエピソードをじっくり味わって進めていきましたが、はじめはお母さんにとって「不適切」だった娘さんの行動も「失敗」だったかも!と視点が変わっていたのが印象的でした。
また、お子さんの行動を、これは不適切な行動と捉えるか失敗と捉えるかで、エピソード提供者さんの様子を伺っていると、体や表情が違っていて失敗と捉えた方が体が緩んでいるのを感じました。

子どもの失敗は、勇気づけのチャンスです。パセージのテキストにのっとりながら、代替案をみんなから一つ・二つ出してもらってロールプレイで練習しながら、お子さんが私は能力がある。人々は私の仲間だ。の方向に向かっているかな?と確認しながら練習です。
こんな風に、日頃のちょっとした出来事を丁寧に点検しながら振り返って行くことで、親自身も失敗しながらも成長していけるなあと感じました。

今回わたしが学んだことは、子どもの自分にとって嫌だなぁと思う行動を失敗と捉えてみると、子どもに良いことを学んでもらうために親としてたくさんお手伝いすることが増えるなあということです。失敗した時の勇気づけの方法は、12-Lや27-Rにも書かれています。
今一度読んで復習しながら子どもたちに実践していきたいと思いました。

今回もご一緒した皆様、ご協力ありがとうございました!

次回の休日版フォローアップは、東京アドラー銀杏の会リーダーのOさんをお呼びしての、アドラー育児の歌を使ったフォローのシェア会となりますので、特別版です。
3月11日(土) 9:15〜11:45 浦和周辺の会場(*詳細はお問い合わせください)
です。
アドラー育児の歌を使うとよりエピソードを味わえると思いますので、ぜひみんなで楽しく学びましょう!

お問い合わせは

連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
お気軽にどうぞ。

[PR]
by adlersaitama | 2017-02-27 11:12 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)
先日、パセージのフォローアップ休日版が開かれました。
参加者は7名でした。そのうちのお二人はパセージ未受講の方で、そのほかになんと青森で秋のパセージリーダー研修のために修行されているグループのお世話役さんもご参加くださいました016.gif
今日もとてもにぎやかな会となりました058.gif

まず、自己紹介と近況報告から始まりました。
パセージを学んでから意識して生活をしていたら、前よりもぐっとマイナス感情を使ってお子さんと接することが少なくなったというお話や、子どもの成長とともに直面する悩みが変わってきた・・・などなどいろいろお話が出ました。

その中でも、今回みんなで一緒に考えていったエピソードは、Nさんの年少さんの娘さんがお友だちと遊んでいるときに突然様子が変わってしまうというお話でした。

私が今回、メンバーさんのエピソードやフォローの会を通して学んだことは、何か自分にとって予想外のことを子ども(相手)がしたときにまず相手の「行動の目的」を考えてみる(2-R)ということです。

子どもは子どもなりにこれまで経験したことをフル稼働させて、毎日を生きていると思います。
もしかしたら大人から見ると「間違った」行動をしているかもしれないのですが、子どもの中では数少ない経験の中から選び出した答えで子どもの仲では筋が通っていたりします。
子どもの成長を親としてお手伝いしていくためには、子どもがどんなことを考えているのか。子どもが起こった出来事に対してどんな風に理解し、どんな風な感情を持ち、どうしていこうとしているのかを、よく話を聴いてわかる(15-l.1)ということが必要かなと思います。

そういう心構えで話を聴く(9-L、11-L)をすると、1-Lの子育ての目標に向かっていくために親としてお手伝いすることが見えてきそうです。

お子さんが未就学児の場合は、まだまだ自分のしたいこととそれを言葉を使って表現して相手に伝えることは上手じゃない場合が多いと思います。その成長のペースは子ども子どもによって違いますし、他の子どもと比較しないでおこう(パセージテキスト5-L.5)というのもとても大切だなというのをNさんの最後の感想から感じました072.gif

9-Lの「子どもの話を聴く」のページのリード分に
‟勇気づけの第一歩は、子どもの話に耳を傾け、子どもの考えや感情や意思を理解しようとすることです。”
とあります。この中には、子どもの行動を目的を知るということも含まれているのかな?なんて今回思いました。メンバーの皆さんと一緒にテキストに戻りながら、エピソードをお話してくださった方が帰ってからすぐにできそうな代替案を今日も考えられてとても勉強になりました。
今回も一緒に学んだ皆さま、ありがとうございましたemoticon-0155-flower.gif

次回の休日版フォローアップは9月以降を予定しています。
決まり次第またこちらでお知らせさせていただきますね053.gif
また、秋以降、休日集中パセージ、平日通常パセージを企画中です。ご興味ある方など、お問い合わせは、

連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
お気軽にお問い合わせくださいemoticon-0154-mail.gif
[PR]
by adlersaitama | 2016-07-06 09:23 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)