アドラー子育て「パセージ」をもとに子育ての悩みを一緒に解決していくさいたま近郊活動グループのブログです。管理人のアメブロ日記「勇気づけDE子育て@さいたまうさ子の日記」にも遊びに来てくださいね。


by うさ子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アドラー心理学に基づく子育て講座@さいたま「パセージ」
~叱らない・ほめない・勇気づけの子育て~

「パセージ」はまったく新しい親子関係学習プログラムです。
アドラー心理学の育児法では、「叱らない」「ほめない」代わりに「勇気づける」のです。
この勇気づける育児法で子どもを育てると、子どもは「自立」に向かいます。
そのためには、何を工夫すれば良いかを学ぶのです。子育ては「愛情」と「技術」です。


●「目標のある育児」・・・この目標は「行動面の目標」と「心理面の目標」の2つがあります。
●「問いかける育児」・・・パセージでは、話しかける育児でなく、問いかける育児の仕方を学びます。
●「まかせる育児」・・・「この課題はだれの課題か」を考え、その課題をはっきりせた上で子どもの課題の場合は子どもに任せる。その任せ方を学びます。
●「話し合う育児」・・・こどもが課題で困ったとき、過保護・過干渉にならずに子どもと話し合い方を学びます。


【内容】
第1章 子育ての目標・・・・9/16水
第2章 賞罰のない育児・・・9/24木
第3章 課題の分離・・・・・10/1木
第4章 共同の課題・・・・・10/7水
第5章 目標の一致・・・・・10/15木
第6章 体験を通じて学ぶ・・10/29木
第7章 新しい家族・・・・・11/5木
第8章 積極的に援助する・・11/11水



【日程】2015年9月16日(水) スタート水木曜 全8回
【時間】10:00〜12:30
【会場】てらこやラボ
JR京浜東北線 さいたま新都心駅 徒歩12分
【講師】池野麻矢(日本アドラー心理学会認定 家族コンサルタント)
【参加費】20,000円(別途テキスト代2,000円)再受講15,000円
*第1章のみ無料で見学参加できます。
【定員】12名
【お問い合わせ・お申し込み】さいたまアドラーの会まで
adlersaitama☆gmail.com (☆→@に変えてください)

【リーダー紹介】池野麻矢(日本アドラー心理学会認定 家族コンサルタント)
6歳と4歳の2児の母。長男が一歳の時に初めてパセージを受講。第二子が生まれ、きょうだい育児で子育ての壁にぶつかり、改めてアドラー心理学を学びなおしました。子育ての「目標」を確認し、自分のイライラする感情との付き合い方、子どもの話を聴く方法、子どもの力を見つける練習をすることで、可能な限りこどもに「問いかけ」「まかせ」「話し合う」毎日で、家族コンサルタントを取得後も子育て奮闘中です♪ ぜひご一緒に、さいたまでアドラー子育てをはじめませんか?


★ ★パセージを受講された方の感想★ ★
◆テキストには育児の心構えと実践の仕方と両方が書いてあります。迷ったらいつでもテキストに戻れる安心感があります。パセージを受けていなかったら、自分の育児がめちゃめちゃになっていたかと思うと、本当に受けてよかったです。いい子に育ってくれています。(中3の母)

◆受講前は、子どもを自立した大人にさせなきゃと、あれこれ子どもの課題に無断で介入していました。パセージでお作法があることを学び、目から鱗!でした。学んですぐ子どもに実践してみると子どもの様子が生き生きと変わってきたのにはびっくり!早いうちに子どもの芽をつぶさずにすむことができて本当に良かったです(年長・年少の母)

◆パセージ終了後に夫に「お前変わったな!すごく変わった!パセージ受けてよかったな」と言われました。驚きました。パセージで二か月間楽しく学べたリーダーさんとメンバーさんのおかげです。育児の仲間もできてうれしいです。ありがとうございます。(小3・年長の母)


e0344628_08045366.jpg

e0344628_08045381.jpg



[PR]
by adlersaitama | 2015-07-13 08:03 | パセージ(開催のお知らせ) | Comments(0)
e0344628_13030971.jpg

7月2日木曜日。与野本町コミュニティーセンターにて、パセージの体験版プチパセージが無事に開催されました★


参加者は、6名。和室でゆるゆる進行させていただきました。

前回のメンバーさんは、小中学生とわりと大きめのお子さんのお母さんが多かったのですが、
今回のメンバーさんは、偶然にもみんな未就学児のお母さん。子どもの年齢も近い人が多かったです。

今回のプチパセージははじめに、プチパセージについてご紹介させていただいたあと
三本立て、
1)2種類の子育ての目標
2)子どもの話の聴き方
3)子どものチカラ(パーソナルストレンクス)を見つけよう

で進行させていただきました。

2)の子どもの話を聴こう
は、先日武蔵浦和でさせていただいた紙芝居を使ったアドラー心理学の教育講演『子どもの話を聴く』とほぼ同じ内容でしたが、プチパセージでは、よりお子さんの気持ちになって感じていただくのでみなさんそれぞれ、持ち帰っていただけたかな?と思いました!

褒めもしない、叱りもしない「勇気づけ」ってどういうこと?とメンバーさんから質問がありましたが、

〈子育ての行動面の目標〉
1)自立する。
2)社会と調和して暮らせる。

という行動をお子さんができるようになることで
〈子育ての心理面の目標〉
1)私は能力がある。
2)人々は私の仲間だ。

という信念を子どもがもつこと。その方向に援助することをアドラー心理学では勇気づけと言っています。(パセージテキスト5-Rより)

そんな風にお子さんを援助していくことを今回のプチパセージでも、みなさんに感じてもらっていたらいいな♪と思います。

みなさんから感想をいただきました058.gif

072.gif今日もとっても楽しく学ばせていただきました。うさ子さんのお話わかりやすいです!ありがとうございます!
072.gifとても勉強になりました。たくさん質問に答えていただいて、もやもやしたまま帰ることがなく、すっきりとした気持ちです。もっと、他の技も学んでみたくなりました。
072.gif子どもが話をしてくれるように話をしっかり向き合って聴きたいと思いました。
072.gif見方考え方によって一つの事象からたくさんの良い部分が発見できるんだと実感しました。今日学んだことを生かして親子でコミュニケーションをとっていきたいと思いました。
072.gif子どものそのままを受け入れる、まずは「待つ」をしてみようと思いました。

みなさん、ありがとうございました!

[PR]
by adlersaitama | 2015-07-03 13:00 | プチパセージ(感想) | Comments(0)