アドラー子育て「パセージ」をもとに子育ての悩みを一緒に解決していくさいたま近郊活動グループのブログです。管理人のアメブロ日記「勇気づけDE子育て@さいたまうさ子の日記」にも遊びに来てくださいね。


by うさ子
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

さいたま市で
「アドラー心理学にもとづく しからない ほめない 勇気づけの子育て講座」火曜パセージを開催します056.gif
ただいまメンバーさん募集中です058.gif

新学期が落ち着いた頃の、5月9日からスタートの火曜パセージ060.gif
リーダーは東京で活躍されている岡山さんです。
管理人は乳児連れのため、メンバーとして参加予定です。
是非この機会にご一緒に学びませんか?016.gif


〈日程とテキスト内容〉
@火曜通常コース 9:45〜12:15 JR浦和駅 近隣施設
*詳細はお問合わせください

5月09日 第1章 子育ての目標
5月16日 第2章 賞罰のない育児
5月23日 第3章 課題の分離
5月30日 第4章 共同の課題
6月06日 第5章 目標の一致
6月13日 第6章 体験を通じて学ぶ
6月20日 第7章 新しい家族
6月27日 第8章 積極的に援助する

〈リーダー〉岡山恵実さん
(日本アドラー心理学会認定カウンセラー・家族コンサルタント)

〈受講料〉
初受講の方はチラシ記載の金額とは別にテキスト代2,000円が別途かかります
(お持ちでない方)

〈お申し込み方法〉
①氏名(フリガナ)
②連絡先(メールアドレスと電話番号)
③お子様の年齢・性別
④受講の動機など
を明記の上、adlersaitama☆gmail.com
(☆→@にかえてください)
までメールにてお申し込みください
e0344628_11252260.png


[PR]
by adlersaitama | 2017-03-15 11:25 | パセージ(開催のお知らせ) | Comments(0)
先日、パセージのフォローアップ休日版が開かれました。
今回のフォローは特別版でした。
内容は、昨年の日本アドラー心理学会新潟総会で発表されたエンカレッジ金沢チームのアドラー育児の歌を使ったフォローのシェアでした。
シェアをしてくださったのは、普段東京アドラー銀杏の会でリーダーとして活動されているOさん。さいたまにシェアのために遊びにいらしてくださいました!

みんなで歌として体になじませておくと普段子育ての現場で起きた、困った!に歌ったフレーズを思い出すことができるので、自分で解決の糸口を見つけ出す一つの手がかりとなります。そんなこんなで、参加者は9名+子ども4名でした。ワイワイ楽しい時間を過ごせました。

エピソードは詳しく書きませんが、8歳と5歳の夕飯をお母さんと囲んだお話きいてきいて!のエピソードでした。

二人以上のお子さんをお持ちのメンバーさんはエピソードを聞きながらうちでもあるあると頷きながら、お子さんがお一人のメンバーさんはこれから二人目・三人目を考えているのでとても参考になった。とおっしゃっている方もいました。

今回は、♪どんぐりころころの歌に合わせてアドラー育児の歌を1番ずつ歌いながら進みました。

「どんな時でもプラスを見」から、エピソードの場面にいる全員のプラス面をまずみんなで考えていきました。
プラスを考える前は、お母さんにとって不適切だったお子さんの行動でしたが、お母さんの願いや期待や想いの中にある、その場にいるみんなにとっての協力的な目標にフォーカスをあてて学んで欲しいことが出ていたのが印象的でした。そのために自分にできることは何か?ということを歌を使って丁寧に考えていくことができたと思います。

今回わたしが学んだことは、誰かが優位になったり、我慢したり遠慮したりして成り立つ場ではなく、みんなが楽しい夕食の時間を過ごすために、順番を守るなどのちょっとしたルールのようなものを意識したり、みんなが少しずつ我慢したりすることが大切で、親の自分は子どもに学んで欲しいことを学んでもらうためにお手伝いするんだということです。それがパセージが目指す、1-Lの、自立する。社会と調和して暮らせる。につながっていくのだなあと感じました。

エピソードを出してくださったり一緒に考えてくださったメンバーさん、お母さんと一緒に遊びにきてくれた子どもたち。ご協力ありがとうございました!

次回の休日版フォローアップは、
4月22日(土)か23日(日)、9:15〜11:45 浦和(*詳細はお問い合わせください)です。
アドラーを子育てでどんな風に考えるの?興味がある、など少しでも気になった方はぜひ一度見学にいらしてください。

お問い合わせは
連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
お気軽にどうぞ。


[PR]
by adlersaitama | 2017-03-15 07:57 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)