アドラー子育て「パセージ」をもとに子育ての悩みを一緒に解決していくさいたま近郊活動グループのブログです。管理人のアメブロ日記「勇気づけDE子育て@さいたまうさ子の日記」にも遊びに来てくださいね。


by うさ子
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4月平日フォローのご報告です。
この日は、大人4名・子ども2名の参加でした。

昨年秋にパセージが終わってからフォローに参加されるのが初めての方が多かったので、最近の気になるエピソードを交えながらの近況報告をし、アドラー育児の歌の紹介の後、具体的な内容に入っていきました。


一つ目のエピソードは、2歳前の娘さんのテーブルに乗って困るというエピソードでした。


晩御飯を作るときに、はじめはテレビを観て待っていてくれるのだけど、そのうち気がつくとテーブルに乗って遊んでいる。近くに行って注意するもこちらの対応には反応しないので、諦めてごはん作りに戻るといつの間にかテーブルから降りて遊んでたいた。というエピソードでした。

ロールプレイをして現場を追体験した後、歌に沿って考えていきました。

プラスの面をみんなで出し合い、お母さんに娘さんの適切な面をきいてみると、いままで臆病だなあ度胸がないなあと思っていたお子さんの行動が、自分のやれる範囲で度胸がある・チャレンジするチカラがあるというメガネに切り替わり、エピソードを出してくださったメンバーさんの体の感じがふわりと軽く切り替わったのを感じました!

次に、この場面でお子さんに学んでほしいことは?と伺い、そのためにはどんなことができそうですか?とテキストに戻りながら考えていきました。

2-Lで、この時の娘さんの行動のパターンはどれかな?と振り返り、4の注目関心かもということだったので、注目関心の時はどんな対応ができるかな?で、4-L.2.3でまずこの場ではマイナスの感情をクールダウンするという案が一つでました!
またこの時はお母さんがご飯を作っている間、テレビを観たりおもちゃで遊んだりして待っててくれているので感謝を伝える、お手伝いしてもらえそうなことがあったら一緒にご飯の準備をする・・・などのアイデアが出ました。

早速現場でやってみます!
とのことだったので、その後のご報告がまた楽しみです☆
大切なエピソード、ありがとうございました。

少し時間が余ったので、休憩をした後、この日ももう一つのエピソードの適切な側面探しをしました。

小4の息子くんのお友だちと通っている習いごとに関するエピソードでした。
ロールプレイをしてお子さんの気持ちを味わってみると、友だちといる時の息子くんの立ち位置が見えてきました。さらに、適切な側面探しをすることで、息子くんの立場を理解することができ、お母さんの身に纏う雰囲気が明るく変わったのがとても印象的でした。
その後、たくさんある息子くんのチカラを意識しながら接してみてどんなかんじだったかまたお話が聞けると嬉しいです。

今回もご一緒したみなさま、ありがとうございました!


お問い合わせ連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
[PR]
by adlersaitama | 2017-04-26 20:01 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)
4月のパセージの休日版フォローアップは、お子さんの体調不良や新学期で欠席の方もありつつ、3名の方にご参加いただきました。

はじめに一人一人近況報告や、先月の中島先生のオープンカウンセリングに参加された方のご自身の学びなどをシェアしていただきました。

その後に、お二人の方にそれぞれ最近ちょっと気になるな〜、これでいいのかな〜?というエピソードを出していただいて、そのエピソードについてみんなで考えていきました!

一つ目のエピソードは、一歳半の息子くんの夜の歯磨きタイムでの気になるエピソードでした。

歯磨きを泣き叫んで嫌がる息子くんが歯磨きをしている動画を見ながら歯磨きをするとニコニコなんだけど、終わると泣いてもう一回を要求するし、動画をみせていていいのか?というお母さんのお話しでした。

具体的な、ある日ある時のある場面のお話しを聞いて、ロールプレイをして現場を追体験した後、

子育ての目標の1-Lの心理面の目標がマイナスには感じないけど、パセージが掲げているのとは違う方向で能力があると感じた。という感想もあったので、より、子育ての目標に近づくためにどうしたらよいか?を、先月みんなで一緒にやった『♪アドラー育児の歌♪』を使いながら考えていきました。

みんなで考えていく中で、お母さんがお子さんに学んで欲しいことでお手伝いできること(テキスト15-L.2冷静に話し合おう)はもうしているし、今は学んでいる最中だから、他の引き出しとして一歳半の息子くんにもわかるように時間や場所の使い方を工夫することができそう!とみんなでいろんなエピソード提供者さんの引き出しを増やすことができました。

アドラー育児の歌4番、常識(=共通感覚)とおおやけ心(=共同体感覚)について両方を考えていくことが大事なんですね、とお話しくださったメンバーさんの発言から共通感覚とは?共同体感覚とは?とお話を深めていくことができました。

この時点で時間が残り30分でしたので、エピソードを伺って、アドラー育児の歌の1番の「どんな時でもプラスを見」の適切な側面探しをしました。
たくさん出てきて、エピソードをお話しくださった方もお子さんの普段の素敵なところなどお話くださり、お子さんを見るメガネが少し変わったように感じました。何か嫌だな〜困ったな〜〜という時こそ!お子さんの適切な面を思い出してみましょう。そしてその時の自分の体はどんな感じかな?と感じてくださると嬉しいです。

ご一緒したみなさま、ありがとうございました!
その後の実践のお話も待っていますね(*^^*)

お問い合わせ連絡先:adlersaitama★gmail.com(★→@にかえてください)まで
[PR]
by adlersaitama | 2017-04-23 19:59 | パセージフォローアップ(感想) | Comments(0)